意外に身近な存在のセフレ

■誰でもセフレになれる要素はある

今まで一度もセフレを作ったことがない人は、セフレに対してあまり良い印象を持っていないかも知れません。
確かにセックスフレンドの略でセックスをするための関係、恋人ではない関係になってしまうので世間体から見てもあまり良いものではないかもしれません。
けれども自分が気がつかないうちにセフレにされているという可能性もありますし、自分がきかつかないうちに相手をセフレにしてしまってることも十分にあり得るんですよ。
最近とても増えているのが出会い系サイトなどで相手に知られないようにセフレを作っておいて、相手が気がつかないうちにセフレ関係を築いている人もいるんですよ。
これはかなり上手ですから、どちらかがセフレ関係に気が付いていない場合は恋人だと信じ込んでしまう場合も多く、真剣に結婚話しを持ちだしたときにあくる日に突然相手が消えてしまうこともあります。
連絡先はもしかしたら携帯電話のメールアドレスでなかったとか、そういえば相手の住所は知らなかったというような付き合いの場合はもしかしたらセフレ関係かもしれないので本当に怖いものですね。
もしかしたら自分がいま付き合っている恋人もセフレかもしれないし、そのことを口に出してしまうと関係が壊れてしまうかもしれないのでおちおち相手に聞くのも怖いです。
そんな感じで最近では当たり前のように身近な存在になっているのがセフレなのです。
いま言ったとおり特別なものではなく、どちらかがセフレと思っていればその関係はセフレになってしまうので自分たちが付き合っているかどうか、本気の恋人かどうかはお互いの愛情がなければ難しものですね。
男性の多くは過去に付き合っていた人を好んでセフレにする傾向は多く、成功率も極めて高いので以前付き合っていた男性から連絡があってそのまま昔の腐れ縁でセフレ関係になってしまうことも多いです。
これはお互いにメリットがあるのでどちらも悪いとは言えないですし、結果的に人生のプラスになっているが気がするので悪いこととは言えないと思います。
セフレというのはセックスを楽しむ関係であって、相手が結婚していようとしてなかろうと、相手に特別な恋人がいてもいなくてもセフレは何人でも作って異様になっているのでその部分が楽しいのかもしれません。
実際にセフレを作っている人は自分の今日の気分に合わせて何人も相手を掛け持ちしており、自分のスケジュールが空いたときに相手をしてくれる相手とセックスを楽しんでいる人もたくさんいるんです。
男性だけのものではなく、最近では女性の方が精神が男性化しており、面倒な恋愛感情を無視してセックスだけを楽しむ関係が多くの女性たちにうけいれられており、特に結婚適齢期を過ぎたあたりの女性たちが好んでセフレを作る傾向にあるんですよ。
まったく恥ずかしいものではないし、自分の友達にはセフレは何人いるとか普通に会話をしている人もたくさんいるので、生活必需品というか人生を楽しむうえではなくてはならない存在になっているのがセフレなのです。

■セフレを探すときには相手に対して隠しておくこと

セフレを探すとき相手に対して自分たちの関係はセフレだと一番最初からいってしまうと、なかなかセフレを探すのが難しくなってしまうので、特に男性が女性のセフレを探す場合はそのことは絶対に伏せておかなければならないと思います。
過去に出会い系サイトなどでセフレを作った経験のある人ならわかると思いますが、楽しく話せる友達を数人つくってその人たちに対してセフレにならないかと直球で聞いてみたら、誰も相手をしてくれなくなったという経験がないでしょうか。
男の人には理解できないかもしれませんが、情勢は潜在的に恐怖心というものがありセフレと聞くと自分がもてあそばれる可能性があってこのくなって逃げてしまうということがありますよ。
それではいつまでたってもセフレを作ることができないので、最後まで隠し続けた方が相手にたどり着くことができるというものなのです。
この方法を使えばかなり早い段階でセフレをたくさん作ることができるので、何でも正直に言ってしまうのもどうかと思います。
時には自分の本心を隠しておかないとうまくいかないこともあるので、セフレを本気で作りたい場合は相手を見ながら言葉を選ぶ必要もあります。
例えば相手が本気で結婚相手を探しているというのは感じ取れば、当たり障りのないこと言って相手をたレートから外さなければなりません。
これは自分の身を守るためにとても大切なことで、結婚相手を探している人に遊び心でセフレにするために近づくと、今はほんとに面倒な世の中になってきて訴えられる可能性も後から出てくるんですよ。
こちらは遊びだけのつもりで近づいたのに、詐欺のつもりなんて全くないのにあとから訴えられると本当に頭にくるので、そのような本気で相手を探しているような人をセフレにするのはやめておいた方がいいともいます。
できるだけ争うごとに巻き込まれないような人をセフレにする必要があります。